Webpack でルーターのような動作をさせるパターン

昔のプロジェクトでページ描画に使われている依存ファイルについては、あるディレクトリ以下のどこかに実際の対象ファイルがあり、それを探して選び出してくるという関係になっていました。つまり、 require() などに直接変換すれば良いというものではありませんでした。
closure-loader がそんな感じではあります。

今回は、ルーターのような働きをする関数を設けて依存性解決を行います。入れ子だったり流入口が複数ある場合に役立つのかもしれません。

サンプルプロジェクトはこちら
この中では、独自ダグの単純な置き換えだけをやっています。(属性やタグ内の内容はまだ渡せません。)

Read More

interpolate-by-query-loader を公開しました

Webpack で似たような entryPoint が大量に並ぶなと感じたため、こちらもユースケースは多くないかもしれませんが、 loader を新たに作りました。
これを使うと、テンプレート化したような entryPoint 用ファイルを 1 つだけ用意して query をくっつけて entry 定義するだけで、 entryPoint を量産できます。

何かある場合は GitHub のリポジトリにお願い致します。

$ yarn add -D interpolate-by-query-loader

テンプレートエンジンを Webpack と Express で動かす

この記事も、昔のプロジェクトで使われていたテンプレートエンジンを Node で無理やり動かそうとする試みの一つです。
前回の記事に引き続き、今回も Java の Spring の Thymeleaf expression を使って書かれた HTML ファイルをターゲットとして、サンプル程度に処理を実装してあります。

テンプレートを文字列補間を使う関数として出力できるようになったので、次はこれを開発時には Webpack 、運用時には Express で動くように設定を行い、快適に開発できるようにします。

サンプルプロジェクトはこちら

Read More

cheerio での文字列補間関数出力

この記事も、昔のプロジェクトで使われていたテンプレートエンジンを Node で無理やり動かそうとする試みの一つです。
今回は Java の Spring の Thymeleaf expression を使って書かれた HTML ファイルをターゲットとして、サンプル程度に処理を実装してあります。

この記事にある内容を思いつく直前までは xml2js を使っていましたが、ツリーの親子関係・兄弟関係を維持したままの加工が少々面倒でした。
そこで、 cheerio を少し捻って使うことにしました。

サンプルプロジェクトはこちら

Read More

SCSS を lit-html でも使う

毎日変化しているフロントエンドライブラリ向けの共通ライブラリを Web Components で書くことを夢見て、 lit-html を便利に使うべく検証しています。

今回は、 SCSS を lit-html と共に使ってみます。
おそらく PostCSS Stylus LESS など、 Webpack の loader がある言語であればなんでも動かせると思います。

サンプルプロジェクトはこちら

Read More

fork-loader を公開しました

先日投稿した記事での Webpack の使い方を応用して、 fork しているように処理パイプラインを構築できる loader を作成しました。(fork 関数とは違って、現時点では親プロセスは意味を持たなくなります。)
ユースケースは多くないかもしれませんが、 multi-loader 的な使い方ができるかと思います。(全く同じようにするには終端器となる loader が必要かもしれません。)

何かある場合は GitHub のリポジトリにお願い致します。

$ yarn add -D fork-loader

Webpack でファイルの複合体を分離して処理する

あるプロジェクトで使われているライブラリでは、コンパイル結果として一つのファイルからはページ・スタイル・スクリプトがそれぞれ生成されます。
Webpack でこれを正しいらしい設定で処理するにはどうすればいいかを実験してみました。

サンプルプロジェクトはこちら
(これは概念検証用のため、性能や安全性等は保証できません。)

Read More

lit-html を Storybook 上で表示させる

乱立しているフロントエンド界隈の共通ライブラリの作成について、 Web Components による問題解決を夢見て、最近は lit-html を触っています。

以前の記事で取り上げましたが、 React などのライブラリはたくさんのツールが存在しています。
Custom Elements (Web Components) については、必要ないからかツールはあまりありませんが、 Storybook は役に立つツールとなるのではないかと思います。

Custom Elements は v1 、 Storybook は v3.4.1 で確認しました。

サンプルプロジェクトはこちら

Read More

Python で gRPC の単体テスト

Swagger (OpenAPI) による API 定義が鬱陶しく感じるようになってきたので、 gRPC を使った API でシンプルに記述したいと思うようになりました。
要求として Python で不自由なく使えることという事項があったため、現状の Python による単体テストについて調査しまとめました。

公式には広くドキュメント化されていない方法ですので、これから変更が加えられる可能性はあります。

Python 3.6.5 と gRPC 1.13.0 の組み合わせで確認しました。

サンプルプロジェクトはこちら

5 月 31 日更新
Pipenv の場合の説明を追加しました。

7 月 22 日更新
“grpcio-testing” パッケージが PyPI から取得できるようになったため、それと Pipenv の利用を前提とした説明に変更しました。
古いページはこちら から参照できると思います。

Read More